営業日報システム化による効率向上|代行サービスとサポートシステム

営業日報の非文章化

会社

企業の営業部門における営業担当者というのは、その日の営業活動に関する営業日報を必ず書かなければなりません。多くの営業担当者は、その営業日報をメールやエクセルで作成しているでしょう。しかし、メールやエクセルで作成した営業日報というのは、最大限に活用することが難しいかと思います。また、メールやエクセルで作成した営業日報と同じ内容の報告を、案件報告及び会議資料等で繰り返し報告しているということも少なくないはずです。営業担当者は、営業活動が長引いて時間が遅くなってしまった際にも、必ず帰社して営業日報を仕上げます。つまりは、残業をしなくてはならないのです。これは、営業担当者にとっての一つの悩みとなっているでしょう。その日報を確認するマネージャーに関しても、悩みを抱えています。その悩みというのは、営業担当者によって日報の書き方がバラバラであるといった点です。形式が統一されていないために、マネージャーは営業現場についてのイメージを付けづらくなるのです。そういった悩みというのは、営業日報システムを導入することで解決するでしょう。
営業日報システムというのは、日報の記入形式を文章形式ではなく非文章情報形式を取ったシステムとなっています。そうすることにより、営業担当者の一日の営業活動の工程を分かりやすく項目化することができるのです。これは、営業担当者にとっても日報作成が楽になるので、メリットとなるシステムです。

本業務への集中化

オペレーターの女性

電話代行サービスというのは、企業に掛かってきた電話を代行オフィスへ自動転送し電話対応を行ってくれるアウトソーシングサービスです。このサービスを利用することで、企業に勤める従業員は本業務へ集中することができるでしょう。

実態調査と顧客満足度

調査員

ミステリーショッパーとも呼ばれる覆面調査では、経営者に依頼された調査員によって従業員の実態調査が行われます。その調査では、従業員の接客態度や業務手順を正しく行っているかを評価されるでしょう。

顧客と関わる部門の連携

オフィス

企業内において顧客と関わる部門というのは、主にマーケティング部門や営業部門、コールセンター部門といた部門があげられます。CRMシステムを導入することで、それらの部門で発生する顧客関係情報を一元管理することができるでしょう。